お問い合わせはこちらから

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、予防歯科

倉敷市玉島さわき歯科医院、口腔外科の評判と受診の流れ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、さわき歯科医院です。

今回は、最近受診が増えている口腔外科についてお話します。

 

「口腔外科」というと、なんだか難しそうで何をするかよくわからないですよね?

 

歯科の中で口腔外科というのは、どんなときに受診して、どんな治療をするのか?

分かりやすくお伝えしますね。

 

倉敷市玉島さわき歯科医院、口腔外科の評判と受診の流れ

まず最初に、口腔外科とは何か?

ご説明します。

 

口腔外科ってどんなことをするの?

公益社団法人日本口腔外科学会では、以下のように言われています。

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

公益社団法人日本口腔外科学会

 

つまり、歯はもちろん口の中、その周り、さらに全身に関わることを幅広く診察する歯科の中の専門分野の1つになります。

 

さわき歯科医院は、歯科医院なので、特に口の中、顎(あご)に関する治療になります。

 

さわき歯科での一般診療と口腔外科の違い

さわき歯科では、一般診療よりも難しい虫歯の治療や抜歯、顎の症状などで口腔外科の受診を進めています。

 

具体的には、こちらの治療で受診される方が多いです。

  • 親知らずなどの難しい抜歯
  • 口の中の粘膜にできる良性、悪性のできもの
  • 顎関節症(口を開けたり閉じたりするときの違和感、痛み)
  • けがによる顎(あご)の骨折

 

倉敷市玉島、さわき歯科医院の口腔外科の処置で多いもの

当院の口腔外科で行っている処置で多いものをご紹介します。

 

難しい抜歯

抜歯といっても色々あります。

当院の口腔外科の処置で多いのは、このような抜歯になります。

 

  1. 歯周病でグラグラになってしまった歯
  2. むし歯が進んで、これ以上治療して保存することができない歯
  3. 親知らず
  4. 矯正治療のために抜かなければならない歯
  5. 歯茎や骨の中に埋もれた余分な歯(過剰歯)

2~5は、特に経験と技術の必要な抜歯です。

専門的な知識のある先生にお任せできると安心ですね。

 

歯根端切除、歯のつけ根の部分に膿がたまったときの治療

歯根端切除は、歯の根っこの先に膿(うみ)の袋ができて、痛みがとれないときに行う治療です。

歯ぐきを切り開いて、膿の袋を直接取り除くことで、歯を長持ちさせることができます。

 

頬っぺたや口唇(くちびる)の粘膜のできものをとる治療

口腔外科では、頬っぺたや舌、唇の粘膜にできる「できもの」を取り除く手術を行っています。

その際は、抜歯をするのと同じ局所麻酔を使って行います。

 

治療時間はおよそ30分程度で、治療後はそのまま通常の生活をしていただいて大丈夫です。

 

口の乾きや違和感

口の乾きや違和感の多くは、加齢や精神的なストレスが原因のことが多いです。

ですが、まれに、飲まれているお薬の副作用で口喝が出ていたり、唾石(唾液腺にできる石)が原因の口喝のこともあります。

 

その場合は、内科主治医に薬剤の変更を依頼したり、CTなどの画像検査や処置を大学病院に紹介することもあります。

 

顎関節症(がくかんせつしょう)

口を開け閉めするとき、口を大きく開いたときの痛みや違和感があるときは、顎関節症の可能性があります。

 

顎関節症というのは、あごの関節やその周囲が何かの原因で痛くなったり、動きにくくなる症状のことです。

 

顎関節症の具体的な症状

日本口腔外科学会では、顎関節症の具体的な症状をこのようにまとめています。

  • 顎関節やその周辺に異常を感じる。食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。
  • 食事をしているとあごがだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い
  • 口を開けたり閉じるする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がする。
  • 口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない。
  • 口が左右にうまく動かない、開けにくい、あごが外れることがある。

口腔外科を受診するときの流れと診療体制

口腔外科の受診の流れをご説明します。

当院の口腔外科は予約制になっています。

 

まずは、一般歯科を受診してもらって、必要なときに予約をとらせてもらっています。

 

お電話で口腔外科の予約を希望されても、一度一般歯科で診察させてもらうことになっています。

 

専門家として口の状態を見て、症状を聞かせていただくことで必要な検査や治療方針を決めたり、その準備ができます。

そのため、口腔外科受診の前に一般診療をしていただいています。

 

口腔外科の診療体制について

さわき歯科医院では、緊急時や重症の症状にも対応するため、岡山大学病院歯学部の口腔外科と連携をしています。

 

毎月、一度、診療日に口腔外科の先生に来ていただいて診療を行っています。

 

それによって、入院を必要とするようなケースでも紹介をスムーズに行うことができ、情報の共有をしっかり行えるようにしています。

 

さわき歯科医院、町の歯科にある口腔外科のメリットと評判

口腔外科は一般的に、総合病院や大きな病院での診療が中心になります。

 

それに比べると、さわき歯科医院は町の小さな歯科ですが、月一回、口腔外科の診療を設けることでご来院されてる患者様から喜ばれています。

 

というのも、予約を取っていただければ、待ち時間も短く診療が行えるからです。

 

そういった点でも、身近に診察しに来ていただけると思います。

 

また、極まれにですが、一般診療で疑わしい腫瘍を見つけることがあります。

その際、口腔外科の先生に相談して、診ていただくことでがんの早期発見につながるケースもありました。

 

町の歯科に口腔外科があることで、地域の健康を守ることによりつながっていけるようにしていきたいと思います。

 

口腔外科の診療日程について

当院の口腔外科は、毎月第3土曜日になっています。

平日ではなく、土曜日なので仕事を休まずに受診できて助かったという声もあります。

 

日程詳細は、こちらのカレンダーをご参照ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ご相談ありましたらお気軽にお電話ください。

お待ちしています。

 

上のボタンをクリックすると電話がかかります

 

 

 

もっと歯を白くしたい、みんなの前で口を開けて笑いたい、自撮りするとき歯が気になる、

そんな悩みはありませんか?

ホワイトニングの費用やかかる時間、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いをご説明しています。

詳しくは下の写真をクリックしてご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 新倉敷 倉敷市玉島の歯医者 さわき歯科医院 , 2021 All Rights Reserved.