お問い合わせはこちらから

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、予防歯科

さわき歯科医院ニュースレター、歯周病と全身疾患の関係について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さわき歯科医院では、手書きのニュースレターを発行し始めて二年になりました。

 

読んでくれた方にも、手書きで温かみがあって良い、とお褒めの言葉もいただいてます。

 

嬉しい限りです。

ありがとうございます。

2020年春のニュースレターでは、歯周病の症状と全身の疾患との関係性についてお伝えしています。

 

発見しにくい歯周病の自覚症状

日本人が歯を失う原因の第一位は虫歯ではなく、歯周病です。

 

30代以上の方の3人に2人が歯周病にかかっているというデータもあり、「歯周病は国民病」と言われることもあります。

 

しかし、あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか?

 

というのも、歯周病は自覚症状が少ない病気だからです。

 

歯周病の自覚症状

  • 歯ぐきが腫れる
  • 出血する
  • 歯が動く

こういった自分でも分かる症状が出てくるのは、歯周病がかなり進んだ状態です。

 

さらに症状が進むと、歯を支える骨が溶け、歯がぐらぐら動き出します。

 

ご来院時にはぐきの検査をさせていただきます

こういった歯周病があるかないか、その程度を確認させてもらうために、ご来院時に歯周病の検査をしています。

 

それは、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの深さを測ったり、歯肉からの出血の有無、歯石が付いてないか、歯が動いていないかなどを確認していきます。

 

進行する前に歯周病を発見し、治療、進行の予防をし、なるべく多くの歯を長持ちさせられるようにと願っています。

 

歯周病と全身の疾患の関係

近年、歯周病が全身と深く関わっていることもわかっています。

歯周病と全身の疾患の関係

  • 心筋梗塞
  • 誤嚥性肺炎
  • 低体重児の出産、早産
  • 骨粗しょう症
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム

虫歯と同様に歯周病も予防できる病気です。

定期的なメンテナンスでお口の健康、体の健康を保ちましょう。

 

 

当院では、岡大病院予防歯科所属の医師による診療もあります。

 

興味を持たれた方は、以下の番号へお気軽にお電話ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

上のボタンをクリックすると電話がかかります

もっと歯を白くしたい、みんなの前で口を開けて笑いたい、自撮りするとき歯が気になる、

そんな悩みはありませんか?

ホワイトニングの費用やかかる時間、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いをご説明しています。

詳しくは下の写真をクリックしてご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 新倉敷 倉敷市玉島の歯医者 さわき歯科医院 , 2021 All Rights Reserved.