お問い合わせはこちらから

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、予防歯科

歯の定期健診の頻度はどれくらい?歯科医が勧めるタイミングとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

よく患者さまからいただくご質問があります。

それは、「歯の定期健診はどのくらいの頻度で来たらいいんですか?」というものです。

2~3ヵ月に1回は歯科検診をご利用ください。

長年、倉敷市玉島で皆さんの歯の健康をお守りしている立場からすると、毎月来ていただくのが理想なのです。

1ヶ月に1回は診せていただけると、虫歯や歯周病の予防をするのに理想的です。

ですが、数字だけではイメージしにくくて記憶に残りにくいかもしれません。

また、1ヵ月に1回というと、義務のように感じてしまって、気が向かなくなることもありますよね?

なので、私はこういう言い方をしています。

美容院やマッサージ、整体院にいくのと同じ気軽さで、2~3ヶ月に1回は歯の定期健診にお越しください。

 

 

直近1年間の歯科検診アメリカでは2回、日本は、、、

このブログでも書いているように、日本ではまだまだ歯の定期健診を積極的に利用されている人が少ないです。

アメリカと対比された調査で、直近1年間に歯の健康診断を目的として、歯科受診した回数を尋ねるという調査があります。

アメリカ人は直近の1年間に2回と答えたのに対して、日本では、「直近一年間は受診していない」という回答がもっとも多かったんです。

その割合は57.5%だったそうです。

虫歯や歯槽膿漏など、歯に問題を抱えれば、もちろん歯医者を利用されますよね。

しかし、歯の健康を保ち、虫歯や歯周病を予防するために歯科検診を利用される人が少ないことが明らかになっています。

虫歯の治療は大変でも、歯科検診は気持ちいい

歯医者に足が向かない理由の1つに、治療が痛い、キュイーンという音が嫌、というイメージがあるかもしれません。

歯医者を利用する人の多くが、初めて来たのは虫歯の治療だったりします。

なので、歯を削ったり、痛みのある処置をするイメージがついているのかもしれません。

でも、歯科検診は、気持ち良いモノです。

歯のブラッシングを歯科医や歯科衛生士、歯のプロが丁寧に磨いて、歯石を除去していきます。

終わった後は、お口のネバネバもなくなり、すっきり爽やか。

その爽快感が病みつきになって、毎月来院される方もいらっしゃいます。

歯科検診は健康保険の適用、費用はおよそ千円~3千円

歯科検診は、健康保険が適用されます。

患者様ご自身がお支払いされる額は、3千円程度になることが多いです。

歯の定期健診は何をするの?その内容

一般的に歯の定期健診の内容は以下の4つです。

  • 歯周病の検査
  • 虫歯のチェック
  • 歯石を落とす
  • 歯の研磨

です。

健康保険適用で、自費負担は3千円程度になります。

そこに必要な場合は、虫歯の精度の高いチェック歯周病で歯を支えている骨(歯根骨)のチェックがあると、レントゲンが加わります。

レントゲンは、+300円~600円程度。

なので、すべてを合わせても4千円を超えることはありません。

 

3ヶ月に1回の定期健診として、年間を通すと、1万2千円ほどでしょうか?

 

行きつけの美容院やマッサージ、整体院よりは安いのではありませんか?

 

虫歯の治療でレントゲンを撮ったり、詰め物をしていくと、それ以上にかかってきますから、

定期健診を受けて、歯の健康を保つことは気持ちよくて健康に過ごせるだけではなく、家計にも安心です。

 

お電話でのご相談もお待ちしています。

上のボタンをクリックすると電話がかかります

 

歯の健康のおすすめ記事

歯の健康のお話はこちらの記事もご覧ください。

 

 

もっと歯を白くしたい、みんなの前で口を開けて笑いたい、自撮りするとき歯が気になる、

そんな悩みはありませんか?

ホワイトニングの費用やかかる時間、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いをご説明しています。

詳しくは下の写真をクリックしてご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] 歯の定期健診の頻度はどれくらい?歯科医が勧めるタイミングとは? 2019-05-14 […]

  2. […] 歯の定期健診の頻度はどれくらい?歯科医が勧めるタイミングとは? 2019-05-14 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 新倉敷 倉敷市玉島の歯医者 さわき歯科医院 , 2021 All Rights Reserved.