お問い合わせはこちらから

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、予防歯科

歯の定期健診がおススメの理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

⻭が痛くなったり異変を感じたりしてから、⻭医者に診てもらっているという方はいらっしゃいませんか?

  •  なんか⻭が痛い…⾍⻭かな?
  •  子どもがよく⾍⻭になる…今はまだ乳⻭だからいいけど、永久⻭に生え変わったら…
  •  マスクをしていると自分の口臭が氣になる

 

このようにご自身やお子さんのお口のトラブルに氣がついた後に、⻭医者に行っていませんか?

もちろんそれで症状が治れば良いのですが、⻭やお口にトラブルを起こさず、健康な状態を保ちたいと思いませんか?

そう思われるあなたには、⻭科医院での定期的な検診・お口のメンテナンスをおすすめします。

 

特に⻭の痛みやお口のトラブルを感じていなくても、3ヶ⽉〜半年に一度くらいのスパンで検診をしておくと良いことがあります。

今回は⻭科医院の定期検診についてご紹介します。

 

悪くなってからじゃダメ?どうして定期検診に行ったほうがいいの?

定期的に自分の⻭のメンテナンスをしておくと、⻑期的にみて良いことがあります。

どんな良いことがあるのか見ていきましょう。

 

1. 好きな食べ物をずっと楽しむことができる

あなたの好きな食べ物はなんですか?

ケーキやお饅頭などの甘い物が好きな方もいれば、焼肉やラーメンなどの食事が好きな方もいると思います。

そんな好きな食べ物を食べられるのも、⻭が健康でなければ楽しめません。

もしあなたが⾍⻭になる度に⻭医者に行って削って治していたら…

間違いなく⻭の寿命は縮んでいき、将来部分⼊れ⻭や総⼊れ⻭になる可能性が高くなるでしょう。

保険が効かない高額なインプラントをする必要も出てくるかもしれません。

身近にいる、⼊れ⻭やインプラントの方に話を聞いてみてください。

恐らく自分の⻭がちゃんと健康であった時に比べて、食べ物に対する楽しみは薄れてしまっていると思います。

固いお煎餅やスルメを食べることが困難になった方もいるでしょう。

食べられる物に制約が起きてしまい、「食」を楽しめなくなった人もいるでしょう。

あなたはどう感じますか?

死ぬまで自分の⻭とアゴで、固いお煎餅をバリバリ食べたくないですか?

スルメを噛みちぎって味わいたいと思いませんか?

「食」を最大限楽しむためには、自分の⻭があってこそです。

定期的に⻭科医院で⻭の健康を維持することで、未来永劫「食」を楽しみましょう。

 

2. 歯の痛みや口臭で悩まされず、仕事もプライベートも充実できる

⻭が痛かったり口臭が気になったりすると、仕事やプライベートも力いっぱい楽しめなくなるでしょう。

仕事や勉強で集中しなければならないのに…⻭が痛くてそれどころか寝ることもままならない…

学生時代の友達に久しぶりに会うのに、口臭が気になるので常にマスクをしなければいけない…

友達と焼肉に来たけど…⻭が悪くて固い肉を避けているなんて言えない…

こういったこと、なるべくなら経験したくありませんよね?

あなたの人生でこのような経験をしないためにも、⻭科医院の定期検診でお口の健康を維持していきましょう。

 

子どもの定期検診率が7割超え!?

アメリカとスウェーデンの話です。

日本では、国⺠皆保険制度が充実しているので、最先端の医療の恩恵を低価格で受けられます。

それに加えて「病名」がないと保険がおりないという背景があるので、どうしても「病院は症状が出てから行くところ」という考えから、人々が抜け出せません。

⻭に限って申し上げると、⻭は削ったり抜いたりすると確実に寿命は短くなります。

 

痛くなったり異変が起きたりしてから治療をしていると、治療直後は良いにしても⻑期的に見るとデメリットが多いのが事実です。

日本とは逆に、国⺠皆保険制度が充実していないアメリカでは、⻭科医院の定期検診率は7割を超えると言われています。

これは、いざ⾍⻭や⻭周病になってしまうと治療費でとんでもない額を請求されてしまうからです。

とんでもない額を請求されないために、常日頃からお口の健康に意識を向け、定期検診を受ける人が多いのです。

またアメリカでは「⻭が汚い人」というのは第一印象が悪く、生活態度が悪いと見なされます。

 

日本ではあまり意識されないかもしれませんが、アメリカではこのことが「就くことのできる職業」や「得られる年収」に如実に反映されてきます。

そういった背景もあって、アメリカでは⻭科医院の定期検診を受ける人が多いのです。

スウェーデンなどの北欧の国々も、定期検診を受ける人の数が多いことで知られています。

背景として「食文化」が大きく影響しています。

日本では馴染みがあまりありませんが、スウェーデンの「パン」は固い物が多いようです。

また、⻑く寒い冬の間は、家庭で作られた塩漬け肉や干し魚などの「固い保存食」を食べなければなりません。

固い食べ物を食べなければならないということは、⻭を悪くしてしまったら生命の危険に直結してしまいます。

このような食文化の背景から、スウェーデンでは昔から⻭を大事にする習慣が根付いているそうです。

 

定期健診に来られる来院される方が増えています

さわき歯科医院でも歯の定期健診をおススメしています。

20代~30代の若い方でも定期的に検診に来られていると嫌な口臭を予防し、美しい歯を保つことができます。

また、ご年配の方へは歯の清掃、歯周病のチェックだけでなく、入れ歯の修繕も適宜行っています。

年齢が高くなれば歯茎が痩せてきて、以前作った入れ歯が合わなくなって噛みにくくなることがあります。

当院では院内に歯科技工士が在中しているため、その場で補修・修繕できる場合があります。

お気軽にご相談ください。

上のボタンをクリックすると電話がかかります

もっと歯を白くしたい、みんなの前で口を開けて笑いたい、自撮りするとき歯が気になる、

そんな悩みはありませんか?

ホワイトニングの費用やかかる時間、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いをご説明しています。

詳しくは下の写真をクリックしてご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 新倉敷 倉敷市玉島の歯医者 さわき歯科医院 , 2021 All Rights Reserved.