お問い合わせはこちらから

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、予防歯科

ホワイトニング後、24時間以内に避けた方が良い食品とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

さわき歯科でもホワイトニングを2018年から始めております。

たくさんの方にご利用いただいて、白くてきれいな歯になって喜ばれています。

 

施術中の写真、ご本人の許可をいただいて掲載しています。

この記事では、ホワイトニングをより効果的にしていただくため、施術後に避けた方が良い食品をお伝えします。

 

というのもホワイトニング後は、歯が着色されやすい状態になっているからなんです。

白い歯を保っていただくためにも、着色しやすい食べ物を避けるのが良いと思います。

 

どうして24時間以内は食べ物に注意するべきなのか?

歯の表面には、「ペリクル」という薄い膜があります。

これは、唾液の成分によってできるバイオフィルム(被膜)。

歯を守っているものでもあります。

 

ホワイトニングでは、薬剤を奥まで浸透するように、まずこのペリクルを剥がします。

そして、薬剤を浸透させて歯を白くしていきます。

 

このとき、剥がしたペリクルが元に戻るのにおよそ丸1日かかると言われています。

その間は、色が濃く着色しやすい食品を摂取すると、その色を吸収しやすくなってるんですね。

 

ホワイトニングをした後に、歯の表面の再着色が起こるということです。

そのため、歯に着色しやすい食品はホワイトニング後24時間は避けた方が良いと考えられます。

 

着色しやすく色の濃い食べ物飲み物は要注意

それでは、ホワイトニング後24時間は、避けた方が良いものをお伝えします。

 

  • コーヒー、紅茶、日本茶、赤ワイン、ジュース類
  • カレーライス、ハヤシライス、ミートソース、焼きそば、焼肉、味噌や醤油のラーメン
  • 醤油、ソース、ケチャップ
  • 人工着色料が入った食品、タバコ、うがい薬、口紅

 

逆に、ホワイトニング24時間以内に口にして良いものもリストアップしておきますね。

  • 水、牛乳、白ワイン、お吸い物、白味噌汁
  • 鶏肉、白身魚、えび、しらす
  • パン、米、おかゆ、とんこつ、塩、バターのラーメン、ホワイトソース
  • 大根、里芋、フライドポテト、ポテトチップス(塩味)

色のついていない食べ物がおすすめですね。

 

エナメル質を脱灰する酸性食品も要注意

また、柑橘系の果物や飲み物など「酸性の食品」は、エナメル質を脱灰する可能性があるため、少し注意が必要です。

脱灰というのは、歯の表面が酸で溶けることです。

 

以下の食品は少し注意しておきましょう。

  • ビタミンC
  • クエン酸
  • ヨーグルト
  • 梅酒
  • ドレッシング
  • レモン
  • キュウリ

ホワイトニング後24時間の食事の注意まとめ

ホワイトニング後24時間は、歯の表面のペリクルが剥がれているため、普段よりも歯が着色されやすくなります。

そのため、着色しやすい色の濃いの食べ物、飲み物は避けましょう。

 

およそ24時間で歯の表面にペリクル(膜)が戻りますので、それまでの注意ですね。

きれいな白い歯で笑顔も素敵に、生活を楽しんでもらえれば嬉しいです。

もし今、ホワイトニングについて気になっていれば、グーグルマップの口コミもご参照ください。

 

さわき歯科医院でのホワイトニングは予約制になっております。

以下のボタンからお気軽にお電話ください。

上のボタンをクリックすると電話がかかります

 

もっと歯を白くしたい、みんなの前で口を開けて笑いたい、自撮りするとき歯が気になる、

そんな悩みはありませんか?

ホワイトニングの費用やかかる時間、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いをご説明しています。

詳しくは下の写真をクリックしてご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 新倉敷 倉敷市玉島の歯医者 さわき歯科医院 , 2021 All Rights Reserved.